ワダ矯正歯科

 
tel:042-505-5418
検査・ご相談予約
MENU
tel:042-505-5418
MENU

ワダ矯正歯科

矯正の痛みの軽減/歯を多く残す方針

矯正の痛みの軽減/歯を多く残す方針

矯正の痛みの軽減

矯正の痛みの軽減

超弾性形状記憶ワイヤー01 写真

超弾性形状記憶ワイヤー

旧来の矯正治療は一般的に痛みをともなうものでしたが、現在では装置の進歩により痛みは大分軽減されました。

当院で使用するワイヤーは、超弾性の形状記憶合金です。非常に柔らかく、最適な弱い力を継続的に歯に伝えます。これにより、歯にあたえるダメージが最小限となり、痛みも少なく、かつ効率的に歯を動かすことができます。

ヒートベンダー 写真

ヒートベンダー

超弾性形状記憶ワイヤーを効果的に使用するには「ヒートベンダー」が必要です。本来は形状を変形・固定することが不可能な形状記憶ワイヤーを、調整可能とするもので、使用できる矯正歯科は決して多くありません。

セルフ・ライゲーション・ブラケット 写真

セルフ・ライゲーション・ブラケット

非常に優しい力で効率的に歯を動かす矯正装置です。従来の装置と比較して、治療期間の短縮と、痛みの軽減を図ることができます。セラミック製で目立ちません。

詳しく

その他に、ソフトプレート、リップガード、プレイスガード、痛み止めのお薬などもご用意しております。患者様が楽しんで気持ちよく矯正ができるよう配慮しております。

歯を多く残す方針

歯を多く残す方針

歯科医療の基本は「お口の健康をできるだけ末永く保つこと」です。矯正歯科治療において、しばしば歯を抜かなければならないことがありますが、それが絶対条件というわけではありません。治療後の仕上りや、後戻りしにくさを考慮した上で「できる限り多くの歯を残すこと」が治療方針です。長期間安定するかみ合わせにすることで、健康な歯を長持ちさせることができます。例をあげると以下のような方法によって、患者様の負担をなるべく軽減し、健康な歯並びを目指します。


子供の矯正では、あごの骨のバランスを整えて、将来的な抜歯の回避を図る。


歯科矯正用アンカースクリューを用いた治療技術で抜歯の回避を図る。


抜歯しないとお口の健康にとって悪影響がある場合は、抜く本数を最低限に留める。(診断時にその根拠を十分にご説明いたします)

非抜歯の治療例(大人の矯正)
矯正治療中1
矯正治療中1 写真
矯正治療中2
矯正治療中2 写真

写真のように、歯科矯正用アンカースクリューから奥歯の固定装置を引くことで奥歯が後方へ移動します。従来の治療法よりも、より大きく奥歯を後方へ移動することができるため、非抜歯で治療できる可能性が高まりました。

症例詳細はこちらをご覧ください。

*患者様の状態はお一人お一人異なります。また治療内容によっても治療結果は異なります。

*患者様ご本人の同意を得た写真を使用しております。

関連するページ

当院の治療例 お口元の変化 写真

当院で矯正治療された患者様の、治療前後での比較と、治療内容の説明です。歯並びの症状別にまとめております。

歯並び悪化の原因を根本から治す(MFT) 写真

歯並びの原因の一つとして、舌や唇のクセがあります。これを矯正後も残してしまうと、歯並びが「後戻り」してしまいます。当院ではその原因から解決していきます。

目立たず快適 セルフ・ライゲーション・ブラケット 写真

非常に優しい力で効率的に歯を動かす矯正装置です。従来の装置と比較して、治療期間の短縮と、痛みの軽減を図ることができます。セラミック製で目立ちません。

B治療の進行状況を分かりやすく説明 写真

不安なく楽しんで矯正治療をしていただけるよう、定期的にお口の写真などの資料を作成し、説明します。また毎回の治療後に、患者様のお話しを伺います。