ワダ矯正歯科

 
tel:042-505-5418
検査・ご相談予約
MENU
tel:042-505-5418
MENU

ワダ矯正歯科

当院について

当院について

医院コンセプト

医院コンセプト

歯並びの根本(原因)からきちんと治すこと。


それは、その場限りのキレイさだけではなく、きちんと末永く、機能的で健康な歯並びが保てるように最善を尽くすことです。


気持ちよく楽しみながら、歯並びの矯正ができること。


矯正治療は、患者さんとの二人三脚。だから、患者さんにとって不安なく続けやすい治療でなければならないと考えます。目立たない治療法や、痛みを軽減する方法、そして治療進行状況のきちんとした説明。「ほんとに歯が動いてる!」「こんなにキレイになった!」という驚きと共に、楽しく前向きに矯正ライフを送っていただけるはずです。


大学病院での勤務、そして2009年の開院を経て、たくさんの患者さんの笑顔と出会えました。そしてこれからも「矯正専門の歯科医院だからこそできる治療」を真剣に行っていきます。


みなさまに「矯正してよかった」と思っていただける医院を目指して。

医院コンセプト 写真

院長プロフィール

院長プロフィール

DR写真

院長/歯科医師 和田博嗣 Hirotsugu Wada

日本矯正歯科学会 認定医

都知事指定 自立支援医療機関(育成医療/更正医療)

歯科矯正・顎口腔機能診断施設

東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能制御学分野
(現・咬合機能矯正学分野)

 

大学病院勤務から2009年の開院を経て、治療実績多数。

挨拶・経歴など詳しいプロフィール

はじめまして。ワダ矯正歯科・院長の和田博嗣です。
どうして歯並びは崩れたりしてしまうのでしょうか?

矯正器具をつけて矯正力を加えることで歯は動きますが、根本となる問題点が治療されていないと、歯並びとかみ合わせの安定は獲得できません。歯並びの原因は様々で、歯のサイズが大きい、あごの幅が狭い、悪習癖、骨格的な遺伝などがあります。

特に当医院では、悪習癖(舌の癖など)の除去のためのトレーニング(MFT)を2009年の開院から実施、改良し、患者さんと一緒に続けてきました。現在では多くの患者さんに、治療効果を実感していただけるようになりました。

「症状の根本をきちんと診断して、治療内容に反映させること」

このテーマを念頭におき、矯正歯科の専門医院だからこそできる治療を真摯に考えて診療を行っております。今後も、矯正治療に対する探究心を忘れず精進し、新しい情報、装置などにも目を向け、進化し続けていきます。

また、矯正治療の通院期間を安心して気持ちよく通院できるように、毎回の診療後に「ご質問や心配なことはありますか?」と伺っております。その際に、歯がどのように動いているか定期的にお口の写真をとってわかりやすく説明するよう努めております。

矯正治療を終えた方に、笑顔で「矯正してよかった」と思っていただけることを目指し、責任を持って矯正治療に臨んでおります。ご来院される方々の笑顔のために、今後もスタッフ一同、気持ちを込めて診療いたします。

ワダ矯正歯科 院長 和田 博嗣(わだ ひろつぐ)

歯並び悪化の原因を根本から治す(MFT) 写真

当歯並びの原因の一つとして、舌や唇のクセがあります。これを矯正後も残してしまうと、歯並びが「後戻り」してしまいます。当院ではその原因から解決していきます。

B治療の進行状況を分かりやすく説明 写真

不安なく楽しんで矯正治療をしていただけるよう、定期的にお口の写真などの資料を作成し、説明します。また毎回の治療後に、患者さんのお話しを伺います。

経歴
1995年
日本歯科大学歯学部 入学
2002年〜
東京医科歯科大学大学院 医歯学総合研究科 咬合機能制御学分野
(現・咬合機能矯正学分野) 入局
2008年
日本矯正歯科学会 認定医取得
横浜市大センター病院 非常勤診療医
2009年
ワダ矯正歯科 開業
所属団体

日本矯正歯科学会/東京矯正歯科学会/日本顎変形症学会/日本口蓋裂学会/日本顎関節学会

論文

influence of occlusal hypofunction on the elastic property and bone formation of rat alveolar bone   orthodontic waves 67 (2008) 9-14

経歴
2006年
咬合刺激喪失が歯槽骨の物性に与える影響について 第71回口腔病学会
2007年
咬合刺激が歯槽骨の形態形成および物性に与える影響について 第66回日本矯正歯科学会
2009年
Le Fort I型骨切り術による上顎移動様式がNasolabial Angleに及ぼす影響について 第19回日本顎変形症学会
2015年
混合歯列期の開咬症例に対し、筋機能療法前後で比較した構音の変化 第74回日本矯正歯科学会
趣味

ジョギング(トライアスロン)/読書/ベース演奏

矯正歯科医を目指すきっかけ

私の父も同じく矯正歯科医でした。父の姿をみて育ち、自分もそうなりたい、そうなれるように矯正歯科医を目指して歩んできました。今日こうして楽しく診療し、患者さんの笑顔を見ていると、本当に矯正歯科医を目指して良かったと感じます。父の存在が自分をこの道へ誘導してくれことに、感謝しています。

大学病院での経験

私は、御茶ノ水にある東京医科歯科大学 歯学部付属病院 矯正歯科にて矯正歯科の知識・治療技術を習得するために6年間医局に在籍し勉強してきました。当時、未熟だった自分を育てて頂いた恩師の相馬邦道教授をはじめ、多くの先生方に指導していただきました。歯と歯がきちんとかみ合う正常咬合の重要性、かみ合わせの悪い不正咬合が原因で生じる様々な口腔周囲器官への影響など、矯正医として必要な多くの知識を教えていただきました。

当時の東京医科歯科大学病院矯正科に来院される患者さんは人数も多いですが、他医院で断られた方や困難な治療、オペが必要な治療など多種多様でした。当時、そのような症例に接することで多くを学ぶことができました。

また患者さんも多ければ、先生の人数もとても多く、多種多様でした。経験豊富な先生方に色々な疑問を質問できたこと、指導していただいたことも貴重な経験でした。同じ矯正歯科医でも色々な考え方、見方があり、患者さんの希望などを考えた上で、はじめて治療方針が決定します。色々な角度から症例を見る大切さを学びました。

その中で治療を開始する前に「なぜこのような歯並びになったのか?”etiology”(原因論)はなにか?」について、よく考察するよう指導を受けました。この”etiology”が、治療方針を決める上で今でも大切に考えている部分になっています。

他にも「弱い力で歯を動かす最新の矯正器具や治療学」など、今でもこの場所で経験を積んだことは自分の財産であり、当医院の治療方針のベースになっています。この大学病院で培った経験を、国立市、府中市、国分寺市、立川市その他近隣の地域住民の皆様へ還元できたらと思っています。

設備のご案内

設備のご案内

設備のご案内

デジタルセファロレントゲン 写真

デジタルセファロレントゲン

精密な矯正治療の診断をする上で、頭部のレントゲンの分析は必要不可欠です。当院では、パノラマ写真(お口の中全体を1枚の写真として撮影)とセファロ(頭部X線規格写真)の撮影を行うレントゲンを設置しております。これは一般歯科にはほとんど設置されておりませんが、大学病院や矯正専門歯科医院では必ず設置しています。

セファロの撮影は、頭蓋骨に対する上下のアゴの位置、歯の傾斜などのバランスを平均値と比べて分析することで、綿密な治療計画を立てる上で非常に重要な役割を担っています。

また従来に比べ、人体に受ける放射線の量が約1/4~1/10で、小さなお子さまにも安心です。

ヒートベンダー 写真

ヒートベンダー

当院で使用するワイヤーは超弾性の形状記憶合金です。非常に柔らかく、最適な弱い力を継続的に歯に伝えます。これにより、歯にあたえるダメージが最小限となり、痛みも少なく、かつ効率的に歯を動かすことができます。
ヒートベンダーは、本来曲げたり調整不可能な形状記憶ワイヤーを、調整可能とするもので、使用できる矯正歯科は決して多くありません。

顎機能検査機器(顎変形症・顎関節症) 写真

顎機能検査機器(顎変形症・顎関節症)

当院では、大学病院と同様の精密な検査を行い、正確な診断を行うことができます。
「顎運動記録装置」では3次元的にあごの動きを記録し、あごの機能障害の有無を精密に調べます。
また「筋電図」では噛む筋肉(咀嚼筋)の中の咬筋と側頭筋、口を開ける筋肉(開口筋)の顎二腹筋を調べます。筋肉が収縮する際に発生する筋活動電位をセンサーで増幅し、測定します。

治療台ユニット 写真

治療台ユニット

ヘッドレスト・アームレストも大きめで、長時間座っていても疲れにくく、楽な姿勢をキープできる柔らかさを追及した診療イスです。また、レントゲン写真や説明用イラスト、参考画像など、モニターに映し出し、症状や治療について、患者さんにわかりやすくご説明いたします。

医院のご案内

医院のご案内

医院のご案内

エントランス 写真

エントランス

ブラッシングコーナー 写真

ブラッシングコーナー

受付 写真

受付

治療室 写真

治療室

通路 写真

通路

待合 写真

待合

カウンセリングルーム(完全個室) 写真

カウンセリングルーム(完全個室)

関連するページ

Before&After 患者さんの感想 写真

当院で矯正治療された患者さんの、治療前後での比較と感想です。小児矯正から成人の方の矯正まで、歯並び別にまとめております。

周りに気づかれない 見えない矯正 写真

ハーフリンガルや裏側矯正など、見えない・目立たない矯正装置を比較してご覧いただけます。症状とご希望に合わせて、歯科医師と相談しながら決めていきましょう。

歯並び悪化の原因を根本から治す(MFT) 写真

当歯並びの原因の一つとして、舌や唇のクセがあります。これを矯正後も残してしまうと、歯並びが「後戻り」してしまいます。当院ではその原因から解決していきます。

B治療の進行状況を分かりやすく説明 写真

不安なく楽しんで矯正治療をしていただけるよう、定期的にお口の写真などの資料を作成し、説明します。また毎回の治療後に、患者さんのお話しを伺います。