ワダ矯正歯科 ワダ矯正歯科 キッズサイト

 
tel:042-505-5418
検査・ご相談予約
MENU
tel:042-505-5418
MENU

ワダ矯正歯科 キッズサイト

いつから始める? かかる期間は?

いつから始めるの?

いつから始めるの? 写真

7才頃からの小児期

小児矯正治療のスタートに最適な時期です。6才臼歯(第一大臼歯)が生え始めてから、すべての永久歯が生え終わるまでの時期です。

この時期に「出っ歯」や 「受け口」であったり、上下の歯の「かみ合わせが合わない」場合は、一度ご相談ください。

この時期は、主に正常なあごの発達を促すための治療を行います。また、お子さまの歯並びやあごの発達の問題が、本人の舌やお口まわりのクセによって起こっている場合は、クセを取り除くための治療(MFT)を行います。

また永久歯がキレイに生えそろうためのスペースが足りない場合は、あご骨を拡げる矯正治療が必要となる可能性もありますので、一度ご相談にいらしてください。

「抜歯」を避けるために乳歯の時期から矯正治療スタート 写真

「抜歯」を避けるために乳歯の時期から矯正治療スタート

永久歯が生えそろい、あごの成長がおさまった時期から矯正治療を始めると、歯をキレイに並べるスペースを確保するために「抜歯」が必要になる場合があります。

抜歯を避けるためには、小児期にお口の中の環境(あごの幅、あごの前後的位置など)を整えることが大切です。それによって将来抜歯をしないで矯正治療を行える可能性が高くなります。

ご両親からご覧になって、お子さまの歯並び・かみ合わせに少しでも不安なところが出てきましたら、一度なるべく早めに矯正歯科医までご相談ください。

かかる期間は?

かかる期間は? 写真

乳歯がある時期の小児矯正治療

小児矯正治療(1期治療)は、乳歯が永久歯に生え変わり始める6才頃から、永久歯が生えそろう12才頃までの間に行います。

この時期は、骨格的な出っ歯・受け口・あごのズレなどの改善や、永久歯の並ぶスペースを作るためにあご骨を整えるなど、この時期にしかできない、成長を利用した非常に重要な治療を行っていきます。

永久歯の矯正治療 写真

永久歯の矯正治療

永久歯が生えそろってからの矯正治療(2期治療)では、「ブラケット」を付けて歯並びやかみ合わせを整える治療を行います。小児矯正(1期治療)によってあごが整い、歯の大きさに問題がなければ、この治療は必要ありません。

ケースにより異なりますが、一般的な永久歯列矯正の治療期間は約2年です。