ワダ矯正歯科 ワダ矯正歯科 キッズサイト

 
tel:042-505-5418
検査・ご相談予約
MENU
tel:042-505-5418
MENU

ワダ矯正歯科 キッズサイト

ご両親の役割

ご両親の役割

ご両親の役割 写真

子供の成長発育時期のちょっとしたクセ・習慣などは、大人になってからの歯並びにまで影響してしまうことがあります。

また「小さいうちに床矯正などの治療をすればそれで終了」というわけではなく、多くの場合、永久歯の歯並びが完成するまでフォローしてあげることが大切です。

矯正治療に関して先進的である欧米では小児矯正が普及しており、「歯並び・かみ合わせが悪ければ、まず矯正治療を受ける」 という習慣が定着しています。

多くの場合、お子さまには自分から「歯並びがおかしいので治したい」と思う意思が少ないですから、将来を見据えて小児矯正に一歩を踏み出してあげるかどうかは、ご両親次第です。

また当院では、少ない負担で治療を始めていただけるよう、各種分割払いもご用意しております。ご両親が少しでも気になった時点で、まずはご相談ください。

治療開始時期については、早ければ良いというわけではありません。お子さまによって最適な時期がありますので、ご相談時や検査診断後にお伝えしております。

歯並びの異常サイン

歯並びの異常サイン 写真

口での呼吸が多い

顔の左右のバランスが悪い

指しゃぶり・おしゃぶりがやめられない

出っ歯や受け口

話し方がおかしい・かつ舌が悪い

永久歯へ生えかわる時期の乳歯と乳歯の間に隙間がない

*画像はお口まわりのクセや発音などを治す治療(MFT)の練習風景です。

食事の噛み方

食の欧米化や生活習慣・環境の変化は、子供たちのあごを小さくし、歯並びにも影響を与えています。子供の歯に責任を持つのは親の役割です。お子さまの食事の噛み方からも、お子さまのお口の状態を知ることができます。

食事のとき、片方のあごで噛んでいる

できるだけ左右均等に良く噛んで食べることが大切です。噛む数が少ないと片噛みの原因にもなります。いつも同じ側で噛んでいると、頬の筋肉の左右バランスが悪くなります。

食事に時間がかかる

食べるのが遅く、食事に時間がかかってしまうのは「開咬」が原因の場合があります。 開咬とは、奥歯はしっかり噛んでいるのに、前歯が開いてしまっている状態です。前歯でものが噛めないため、食べるのが遅くなってしまいます。そのような場合は一度ご相談ください。

仕上げ磨き

仕上げ磨き 写真

子供がひとりで上手に歯を磨けるようになるまでは、保護者の方の仕上げ磨きが必要です。歯と歯のスキマ、歯の裏側、奥歯の磨きにくい所などは、丁寧に磨いてあげてください。毎日の「仕上げ磨き」がお子さまの歯を守ります。