ワダ矯正歯科 子供の矯正サイト

 
tel:042-505-5418
検査・ご相談予約
MENU
tel:042-505-5418
MENU

ワダ矯正歯科 子供の矯正サイト

乳歯の時期から始める大切さ

将来のための子供の矯正

将来のための子供の矯正 写真

矯正歯科治療とは、歯並びとかみ合わせの 改善を目的とした治療です。永久歯が生えそろってからの矯正治療は、歯をキレイに並べ、最終的なかみ合わせを作ることを目的としています。

それに対して、乳歯がある時期の子供の矯正 は、あごの成長のコントロールや、そのままにしておくと成長に悪い影響を与えるかみ合わせを治療します。

小児期に歯並びが悪いと、歯磨きがしにくくなり、虫歯・歯肉炎などへの影響が出てきます。小児期に歯並び・かみ合せの治療を行うことで、これらを予防することができます。

重要性とメリット

子供の矯正のメリット

受け口・出っ歯などの改善で、横顔のラインが変化する。

歯磨きがしやすくなるので、虫歯や歯周病を予防しやすい。

お口を清潔に保ちやすくなるので、口臭が軽減される。

歯並びに由来する、以下の問題が解消する。

歯並びが悪いと…

歯磨きがうまくいかず、虫歯ができやすい。

歯肉炎や歯周病になりやすい。

発音がうまくいかない場合や、かつ舌が悪くなる場合がある。

よく噛めない。それにともない食事の効率が悪い。

あごが十分に発育しなかったり、悪い成長をしてしまう場合がある。

歯を多く残すために

歯科医療の基本は「お口の健康をできるだけ末永く保つこと」です。治療後の仕上りや、後戻りしにくさを考慮した上で「できる限り多くの歯を残すこと」が当院の治療方針です。しかし、永久歯が生えそろってからの矯正治療では、あごが成長しませんので、歯が自然に並ぶスペースを確保するために抜歯が必要になることがあります。

乳歯がある時期の子供の矯正では、あごはまだ成長段階にありますので、骨格的な問題から解決できる場合があります。それによって歯を抜かずに矯正治療を行える可能性が高くなります。

非抜歯の治療例
治療前
治療前 写真
子供の矯正(1期治療)後(1年8ヶ月)
子供の矯正(1期治療)後(1年8ヶ月) 写真
永久歯列矯正(2期治療)後(1年7ヶ月)
永久歯列矯正(2期治療)後(1年7ヶ月) 写真
 

子供の矯正治療では、まだあごが成長段階にありますので、正常な成長を促す装置を用いて、まず骨格的な問題を解消します。(子供の矯正=1期治療)

それによって標準的な位置まであごが成長すれば、(永久歯の大きさも問題なければ)歯がバランスよく並ぶ環境を確保できますので、歯を抜かずに矯正治療を行う可能性が高くなります。

主訴

歯を抜かずに歯列を治したい。

診断名

上顎前突

治療前

下あご後方位を伴う上顎前突症例です。1期治療では、下あご前方成長を促す矯正装置を使用し、骨がまだ成長する時期まで経過観察を行います。あごの成長量によって抜歯の有無を決定し、永久歯列交換後に2期治療へ移行します。

治療プラン

抜歯なし | 上あごの拡大

使用装置

バイオネーター(1期治療) | マルチブラケット装置(2期治療) | 上あご拡大装置(2期治療)

治療後

1期治療では、ご本人の装置使用状況も良好で目標とした下あごの前方成長量を達成できました。そのため、2期治療は非抜歯による治療を行いました。主訴として非抜歯を強くご希望されていましたので治療後も満足していただけました。

費用の目安(税抜)

検査診断料 ¥50,000
基本施術料 ¥650,000
保定装置料 ¥50,000
上あご拡大装置 ¥20,000
1期治療 調整料 ¥3,000 × 来院回数(月1回)
2期治療 調整料 ¥5,000 × 来院回数(月1回)

*患者様の状態はお一人お一人異なります。また治療内容によっても治療結果は異なります。

*患者様ご本人の同意を得た写真を使用しております。